首イボを皮膚科で市販薬を使わずハサミで除去した体験談

30後半になってから、顔や首筋にポツポツとイボが出来やすくなりました。

顔は洗顔の時に気になる程度なので対策は何もしてませんが、首のイボは旦那に指摘されるほど成長してしまいました^^;。

初めは固くて「ニキビ?」と思ってたのに、少しずつ伸びて長くなっていくのが自分でも分かってきました。

「旦那が見てわかるんだから、他の人にも気づかれてるかも!」と考えたら恥ずかしくなって自分で取ってみようか画策。。。
ただ、10代の頃同じようにニキビをハサミで切って跡が残った事があるので、躊躇してました。

そもそも切っていいものか分からなかったので。

そんな中、別の用事で皮膚科に行った際、ついでに
「コレって取れます??」と何気なく聞いたら5秒で取れました(笑)。

どうやら「スキンタック」というもので、医療用バサミで切ったり、焼いたりすればいいだそうです。

私はハサミで切ってもらって消毒して終了。
今は跡も何も残っていません。
さすが、皮膚科ですね(笑)。

あまりにもアッサリ取れたので、思わず「また出来たら来ていいんですか?」と聞いてしまいました。
だって、ハサミでチョンって切ってもらうだけのために診察って。。。何だか気か引けるじゃないですか。
先生は「どうぞ。出来やすい人もいますから」と、ニコニコ答えてくださいました。

とりあえず、対処法が分かったので安心しました。
(原始的で驚きましたが・笑)
それ以来、旦那からも指摘はありません。

皮膚の疾患はあまり刺激しない方がいいものもあると聞くので、お医者さんに一度見てもらうと「これは何?」という不安がなくなりますね。

また出来たらお世話になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です